マッサージについて

わたしは現在29歳の男性会社員をおこなっております。自分は昔からマッサージがほんとうに大好きな人間でありました。仕事柄ですが、自分は力仕事をおこなっていて、それでよく体を言わせてしまうことなどもあります。それで自分はそのたびに、いろいろなマッサージを受けさせていただいております。

最近ではタイ古式マッサージによく足を運ばせてもらっております。自分が足を運んでいるのは、健康ランドのリラクゼーション施設にある、マッサージ店です。そこでマッサージを受けてさせてもらっております。セラピストの方は日本人です。それで本場のタイでマッサージの修業をして帰ってきて、こちらの店舗で仕事をおこなっておりました。

施術の流れとしては、指圧からはじまります。首周りや、足裏、背中全身などいろいろなところを指圧してもらいました。ですが、自分が施術を受けたのは女性であったので、少し力不足なところがあり、それが少し不満になっておりました。ですが、タイ古式マッサージに移行をすると、ストレッチがメインとなり、そこで非常に自分は満足感をえることができるようになりました。力加減などもほんとうによかったです。少し痛いくらいで、軽いサブミッションにかかっているような気分にもなってしまいました。ですが、その古式マッサージも自分のツボをしっかりと押さえていたので、ほんとうによかったと思っております。マッサージを受けた直後はほんとうに、体が軽くなった気分となり、気分よく帰ることができました。

その翌日なども筋肉痛などもなく、体は軽いままでした。いろいろなマッサージを受けてきましたが、マッサージを受けた翌日というのは、ある程度は体のほうがだるく、そして多少の筋肉痛などもあるのですが、こちらのタイ古式マッサージはそのようなことはなく、非常によかったと自分はおもっております。それで自分はこちらのタイ古式マッサージのすばらしさを実感いたしました。それで自分は最近では、他のマッサージは受けずにこちらのマッサージばかりをうけるよううになっております。今受けているマッサージ店は少し値段が高いといった印象なので自分はもう少し安い店舗を探していこうと考えております。

話は変わりますが、悩んでいたワキガの対策方法、なんとなからないかなあと悩んでいましたが最近ようやく良さそうな方法をみつけました。手術ではお金もかかるし、時間もかかるし、そもそも怖いんですがワキガを手術なしで対策でする方法が見つかって助かりました。

最近買った洋服のタグを見るとメイドインバングラデシュの表記だった。
メイドインチャイナを見慣れている身としては少し違和感を感じる。
そういえば何年か前にH&Mで買った服もメイドインバングラデシュだったことを思い出した。
バングラデシュは中国に次ぐ第2位の衣料産業国なのだそうだ。
しかも驚くことに中国の5分の1の賃金で労働を強いられており前から問題になっているようだった。
中国の5分の1って、実際いくらか分からないけどかなり安い給料なんだろうと推測できる。
私たちが安く洋服を買えて喜んでいる裏ではこんなに辛い現実があったとは心が痛い。
これからはもっと感謝して大切に着ようと思った。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ